RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
<< Appleの年末年始の動きを予想してみるテスト | main | So-netのメールサービスに要注意 >>
「天下りあっ旋全廃に反対したらもう自民党には票を投じない」バトン
0
    Life is beautiful」さんのところで見たエントリに反応する。

    この議員の発言は、「官僚は給料が安くても、不夜城と呼ばれる霞ヶ関でサービス残業で死にそうになっても、最後には天下りして甘い汁が吸えるからがんばっている」と言っているに等しい。

     これは官僚を侮辱した発言だし、そもそもインセンティブの与え方が間違っている(参照)。優秀な人に、国民のために霞ヶ関で長時間働いて欲しいのであれば、その働きに見合うだけの民間並みの給料を払うべきだし、残業手当も出せば良い。税金をそういうことに使うのはごく当たり前のことで、ちゃんと説明すれば国民を納得させることは可能なはずだ。


    以前、国家公務員の親を持つ知人に聞いた話だが、国家公務員になると、2年ごとに異動で転々としなければならなかったらしい(今はどうか知らない。また、「上級国家公務員」に限る話かどうかもしらない)。給与水準は多少高いのだろうけれど、勤務時間は長い。男女の区別はないので、女性は家庭を尊重して退職するか、独身のままいるか、別居を我慢するかを強いられる。男性もまあ同じか。

    しかも、身につけたスキルを生かした転職は基本的に不可能だ(何しろ、雇用者が世界に1つしかない日本国だし)。いや、転職できないわけではない。しかし、スキルを生かして民間に転職をすると「天下り」だと言われる。

    天下り斡旋全廃には賛成だが、国家公務員の労働環境を改善する必要はあるのではないか、と思う。天下り斡旋全廃と国家公務員の労働環境改善は、セットで論議しなければならないのではないか。

    なお、当然ながら、事実誤認があれば、以上の議論は成立しない。
    | 社会 | 13:16 | - | - | - | - |