RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
<< MacのIEアイコンを捨ててしまった人の話 | main | 「JUST Suite 2007」発売延期 >>
検索サイトには規制が必要
0
    GoogleやYahoo!など検索サイトには、そろそろ法的な規制を課すべき時期にきたと思う。規制といっても、「これをやるな」という規制ではない。検索サイトが社会のインフラとなってきたのだから、できるだけ平等なサービスを提供するようにしろ、ということだ。いつも通り、殴り書きご容赦。

    具体的に言うと、いろんなサイトが「Google八分」にされている。Googleで検索してもヒットしないのである。Google八分にされているサイトの中には、違法な情報を扱うサイトや詐欺サイトが含まれているが、中には単に私企業の違法行為を告発したためにGoogleからはじき出されているサイトもある。2ちゃんねるのように、嘘やデマがたくさん含まれているサイトは問題なく検索にヒットするのに、きちんと調べて告発しているサイトがGoogle八分に遭うのは、Googleが企業に弱い=企業によってコントロールされる可能性がある、ということの証左でもある。

    Googleは私企業であるから、検索結果をどのようにコントロールしてもいいし、コントロールした理由を明らかにする必要はない、と主張するかもしれない。しかし、もはやGoogleはインターネットのインフラの一部である。そして、インターネットは社会のインフラの一部でもある。なぜ「うちは私企業だから、勝手にやらせてもらう」という理屈が通るのだろうか。理解に苦しむ。もはやGoogleなど検索サイトには鉄道やバスと同じ公共性がある。私鉄が「この人は、自社に対して批判的だから乗せない」などという話は聞いたことがない。Googleも同じことだ。

    そろそろ政府はGoogleなど検索サイトを運営する企業に対して、「他の企業からのクレームによって検索結果を変更してはならない」という規制をかけるべきだ。もちろん、その結果、他の企業からの訴訟が相次ぐという事態も避ける必要があるので、検索サイトは検索結果に対しては免責する。

    ネットに強い人が総務省あたりにいれば、すぐにでもこの規制の必要性は理解してもらえるはずなんだけどなあ。
    | ネット | 13:15 | - | - | - | - |