RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
<< Windows XPの壊し方 | main | 池田晶子、逝く >>
Windows Vistaにいつ乗り換えるべきか
0
    Vista_Premium

    「動いているコンピュータはバラしてはいけない」というのが持論だ。何度も、問題なく動いているパソコンをバラして、動かないパソコンを作り上げた(?)経験からいうと、それが正解だと思えて仕方ない。もちろん、「トラブルシューティングの練習をしたい」「壊れてもかまわないから、ケースを入れ替える作業を体験してみたい」「作業後、パソコンが動かないとわかったときの虚脱感が好きだ」などという理由で、パソコンをバラしたい人は別だが、パソコンで何かをすることが目的の人(普通、そうだと思うが)は動いているパソコンをバラすのは止めた方がいい。

    同じ理由で、OSの乗り換えも推奨しない。Windows Me/98→Windows XP/2000などの乗り換えは意味がないわけでもなかったが、(特にXPへの乗り換えでは)極端に動作速度が犠牲になることも多く、「なんとか使えるパソコン」が「どうにも使えないパソコン」に変貌することもあったように記憶している。

    今回のWindows Vistaに関しては、いろんな改善点はあるにせよ、Windows XPからの乗り換えにはそれほどメリットがない。つまり、Windows XPでちゃんと動いているパソコンのOSを、Windows Vistaに変更したとき、ユーザーが受けるメリットは、ユーザーが被るデメリットよりも小さいと思う。

    たとえば、戸田覚氏は、ドライバが出そろう三月に乗り換えるといいと書いている。

    マニアックなユーザー以外が、今使っているパソコンをVistaに乗り換えようと思っているなら、目安は3月の前半だろう。この重要な商戦期にVisa対応のドライバーや最新版を提供できないメーカーは、ユーザーとしても見捨ててしかるべき。これから先、末永く安心して使い続けられるとは思えないからだ。


    マニアックなユーザー以外が、ドライバの対応状況をメーカーのサイトでいちいち調べねばならないのだろうか? 私は「マニアックなユーザー以外は、Windows Vistaのパッケージは買うな」が正解だと思っている。Windows Vistaが使いたければ、プリインストールパソコンを買う。新しいものが好きでどうしても買いたいなら、パソコンごと買い換えるか、使えなくなってもいいパソコンで試すこと。マニアックなユーザー以外は、戸田覚氏のようなパソコン評論家の言うことを真に受けてはいけない。

    | コンピュータ | 18:05 | - | - | - | - |