RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
<< 私がアドバイスに躊躇する理由 | main | なぜかやる気が出る人vs.出ない人の習慣 >>
常識を打ち破る発想をするには(まとめ)
0

    「THE 21」2007年7月号(PHP研究所)pp.108「齋藤孝の使える!ビジネス立志伝 第3回」より、まとめ。

    1.常識を徹底的に知る

    先行研究を徹底的に調べた上で、そこに欠けているものを探す。「新しい企画や提案を生み出せずに悩んでいるなら、過去の企画や提案をおさらいしてみよう。以前のアイデアが応用できると判断すれば、さらに手を加えればいいし、使えないと判断するなら、別の道を模索すればいい」

    2.自分の頭で思いついたことをメモする

    人から聞いた話を詳細にメモするのではなく、自分が思いついたアイデアだけを書き留めておく。ひらめいたアイデアと、そのとき自分が置かれていた状況を結びつけておくことによって、後で再利用が容易になる。「新しい発想を生み出すには、一見関係なさそうな外部情報と、自分のテーマをいかに結びつけるかがカギになる。手値用にメモするのも、そのための仕掛けの一つといえるだろう」

    3.豪語する

    「必ずできます」とあえて言うことによって、自分を追い込むことにより、アイデアを実現に近づける。

    …こうしてみると、むちゃくちゃ普通のことを言っているなあ。

    | 仕事 | 20:47 | - | - | - | - |