RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
<< 梅田望夫氏と同じ時代に生きる幸福と不幸 | main | 「どうやって生きていけばいいのかわかりません」という質問に対するfinalventさんの回答が秀逸な件 >>
俳句よりも頭を使うもの
0

    どこかのニュースサイトによれば、俳句をひねると、脳の特に前頭葉をよく使うので、ボケ防止にいいとか。

    俳句をひねるのはなかなか難しいので、同じように頭を使いそうなものを考えてみた。

    1.般若心経を唱えながら漢字を思い浮かべる

    単にお経を唱えるだけでは、全然頭を使っているという感じがしないけど、漢字を思い浮かべながら唱えると、むちゃくちゃ頭を使ってるような気がする。意味まで思い出そうとすると、さらに頭を使うけど、唱えるのと意味とを同時にするのは、今ひとつみたい。たぶん、漢字のイメージを頭に思い浮かべるのが、かなり頭を使う作業なんだと思う。

    2.レシピを見ずに料理を作る

    材料を前に、料理の段取りを考えるのも頭を使うみたい。あれを少し炒めてお皿に取り出し、これに火を通したらフライパンに戻して、その間にパスタをゆでる…なんてのは、頭を使わずにはできそうにない。

    3.仕事とは関係ないノウハウを仕事に応用してみる

    スポーツの上達のコツみたいに、仕事には直接応用できないものを仕事に無理矢理応用してみる。法則にまで仕上げられれば上出来。四方八方から、いろいろ考えれば、頭を使うみたい。

    試してみた感じでは、1.が一番大変。脳が非常に活性化しているのが自分でもわかるくらい。それに比べると、2.や3.はそれほどでもない。

    | 仕事 | 20:52 | - | - | - | - |