RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
<< 「罪と罰」を読んでいる | main | 日本はどこへ行くのか >>
人は金だけで動くにあらず
0

    パスカルの名言「人間は考える葦である」は、実は、その前にも文言があって、「人間は、自然のうちでもっとも弱い一本の葦に過ぎない。しかし、それは考える葦である」というのが完全なフレーズらしい。

    「考える葦」というのは、パスカルの言いたかった文脈では、マクロコスモスとミクロコスモスの両方を考えることができる、という意味らしい。(松岡正剛「17歳のための世界と日本の見方」p.312)

    さて、それはともかく、人を動かす原動力は2つある。金と名声だ。もちろん、金でも名声でも動かない人もいるが、現代社会をマクロ的に見たとき、金か名声のどちらかで動くのが普通で、後は例外だと考えた方がいろいろ理解しやすい。注意したいのは、名声は匿名の人でも得ることができる、という点だ。「これはボクがやったんだ」と思えるものであれば、名声を得る素材となりうる。

    前置きはこれくらいでよかろう。小飼弾氏はこう書く。本当に若者はうまく働くことができないか?

    むしろ私には「昨今の若者」たちが、「いい仕事をすること」「いい汗をかくこと」に対しては貪欲でも、「それに対する代価を要求し、その権益を確保することにはさほど興味がない」ように見受けられる。字幕.inの中の人なんてまさにそうだ。とりあえずの生活費を確保したら、あとはもってけセーラー服と言わんがばかり。むしろ「オレオレ」とばかりに所有権に敏感で、権益確保に旺盛なのは、「おじさんおばさん」にこそ多く見て取れるのだが。

    字幕.inの中の人はさておく。あの人は、本当に欲がなさそうだから。どこか、マリナーズのイチローを思わせるような(しかし、何から何までまったく違うのだが)禁欲的な、というより、無欲な人みたいなので。ちょっと例外でしょ、あの人。

    で、それ以外の人たち、ニコニコ動画のMADの職人やコメント職人たちは、確かに労働に見合う代価を要求していないかのように見える。しかし、本当はそうではないのではないか。つまり、彼らの求める代価は、お金ではなく、名声である。

    2chのまとめサイトやニコニコ動画のコメントを見ていると気づくと思うが、多くの人にとってちょっとでも価値のありそうなものに対しては、すごい勢いで賛辞が浴びせられる。「うp主乙!」に始まって、「うp主愛してる」とか「結婚してくれ」とか「うp主は俺の嫁」とかのコメントが多数ついた動画を探すのは簡単だ。「結婚してくれ」などのコメントは、投稿者が男性だとおぼしき場合でも、男性がそのようにコメントを書いていると推測される。投稿者(あるいは、出演者)が女性の場合は、それがさらに顕著になる。

    このように過剰な賛辞は、ニコニコ動画への投稿者にとって、大きな代価となりうる。投稿者が匿名であっても、しかし自分が投稿し、そして自分に対して賛辞が送られ、それを受け取ることが許されている。代価は十分得ている、と思う。

    多くの現代人が血眼になって追い求めているのは、金と名声である。仕事ができる奴は金を求め、チャンスに恵まれない奴は名声を求める。注意しなければならないのは、この場合の名声は、匿名であっても受け取れるものだということだ。2chのVIPを見よ。匿名のまま、できるだけ多くの人から賛辞を得るために、 VIPPERは常識外れのことをやる。たびたびVIPに現れる“釣り師”たちを見よ。最後に「釣りでした(=これはフィクションです)」という宣言の後、いい“釣り”にはお話としてのクオリティを誉める言葉が次々と発せられる。それは匿名であっても、自分に向けられたものとして受け取ることが許される素晴らしい贈り物だ。名声を求めている現代人の極端な形が、VIPPERたちに見て取れる。

    | 社会 | 20:57 | - | - | - | - |