RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

トカトントン、が聞こえる

最善の判断をしたはずなのに、実は「トカトントン」だったのかもしれない、と考える男のメモ
OperaでFTPのリンクをクリックするとOSが落ちる
0
    KNOPPIXの新しいバージョンがリリースされたので、ちょっと使ってみようかなと思って、産総研のページにアクセスして、FTPのリンクをクリックしてみたところ、OSがリブートしてしまいました。1回目は大丈夫だったのですが、2回目以降はダメです(というか、2回Windowsが再起動しました)。

    環境は以下の通りです。
    OS:Windows XP SP2
    Opera:9.02

    …って、Operaは9.10が出てますね。アップデートして出直します(苦笑)。
    | コンピュータ | 17:29 | - | - | - | - |
    日本語が扱えることは重要だが、日本語のインターフェイスを持つものにこだわるべきでない
    0
      iTunes StoreでPodcastを探していたときの話。iTunes Storeは、一番下に表示されるリストから、各国のものに表示を切り替えることができる。USのiTunes Storeを表示させて、Podcastをいろいろ探してみたところ、日本とはまったく違う奥の深さを感じた。日本では、まだPodcastの用途は非常に限られているが、USでは大きく広がっている。とにかくいろんなものがある。

      それを見ていて、「英語がわかれば、世界が広がる」ということを痛感した。私自身、話したり聞いたりは今ひとつだし、読み書きも全然だが、頑張って読んでみると、日本語で得られる情報とは違うものが得られることがある。Podcastに限らず、Webサービスでも英語のインターフェイスを持ったものには、興味深いものが多い。日本語のインターフェイスを持ったサービスがダメというのではなく、英語を使う人の数が多くて、しかもその人たちの所属する国がそういう面で進んでいるというだけなのだろうが、利用者にとっては大きなポイントである。

      私が扱いたいデータには日本語で書かれたものが多いので、日本語を扱えるWebサービスを利用したいが、インターフェイスは日本語でなくてもいい、と言うか、「インターフェイスが日本語である」という条件を外して、サービスを評価したい。そうすれば、もっと自由に、もっと便利なものが手にはいるのではないか。そんな気がした。
      | コンピュータ | 01:30 | - | - | - | - |
      サーバの画像をタグで検索できないか
      0
        とある大手出版社の編集部に行ったときの話。近くで編集部員がアルバイトらしき若い男性に仕事の指示をしているのを、聞くともなしに聞いていた。指示内容は、写真のフォルダ分けとファイル名規則についてだった。その編集部ではたくさん写真が扱っており、その再利用のために写真のファイル名を規則に従ったものに付け替えて、さらにフォルダ分けしようとしていたのだ。

        聞こえていた範囲内では、非常に合理的な指示内容であった。メーカー名や製品型番などを適宜混ぜつつ分類し、詳しすぎない程度に整理しようという意図には感心した。しかし、指示が合理的であるが故に、「なぜこんな指示が必要なシステムで写真を管理しなくちゃならないのだろう」と違和感を感じた。フォルダの分け方やファイル名で写真を探すのであれば、合理的な規則は必須だが、タグで管理すれば、それほど厳密にやる必要はないはず。ファイルサーバの共有フォルダに放り込んでおくだけだから、どうしてもそのような管理方法にならざるを得ないのだろうが、何とかならないものか。

        私自身はFlickrの有料ユーザなので、「何でもタグを付けて、Flickrに放り込んでおけばいいんじゃないか」と思ってしまうのだが、そうはいかないのだろうか。もちろん、編集部内からFlickrにデータをアップするという流れが、今ひとつしっくり来ないのはわかる。公開したり共有したりしないのに、サービスを利用するのは腑に落ちないかもしれない。でも、その方が便利じゃないか…と思ってしまった。
        | コンピュータ | 01:18 | - | - | - | - |
        FAXをメールで受信するには
        0
          外出しているとき、自宅に送られたFAXを見たいとき、どうすればいいか。家人がいればいいが、一人暮らしの私はどうしようもない。

          そんなときに便利なサービスと機器を調べてみた。あまり数がない。あとで追加しよう。

          1.D-FAX
          サービス。簡単だし、何より無料で専用のFAX番号をもらえるのがいい。番号は「020」。ポケベルにかからない番号からは送信不可。

          2.FAXCAST
          サービス。受信用に使うには、初期費用1000円、月額2300円が必要。頻繁に使うならともかく、たまに使う人にはやや高い。月間100枚を超えると、別料金(?)。番号は「03」または「04」。

          3.FaxEmail
          サービス。月額2100円、6ヶ月または12ヶ月前払い。初期費用不要。番号不明。

          4.メッセージプラス
          月額998円、初期費用3150円。最初は三ヶ月分をマニュアルの代引きで支払う必要有り。ページがショボイが、アイディアはよさそう。2ちゃんねるでは、このビジネスモデルを誉める意見があった。専用の「050」番号がもらえる。

          5.シャープ「見楽る」
          FAX機能付き電話機。受信したFAXをメールで転送してくれる。3機種あるが、一番安い「UX-MF25」でもOK。ただし、「UX-MF50」の方が現時点では安そう。実売最安3万2000円程度。私的には、次はこれかなと。Webのサービスと違って、なくなる可能性がないので。
          | コンピュータ | 16:08 | - | - | - | - |
          Switch to Mac?
          0
            office2004

            最近、仕事ではできるだけMac OS Xを使うようにしている。Windowsのことは、だいたい一通りはわかるが、Mac OS XはWindowsに比べると、基本的なことでも知らないことがまだまだ多い。日常的に触るようにして、仕事に役立てようと思っているわけだ。

            さて、仕事柄、Excelワークシートを閲覧・編集する機会が多い。これまで、OpenOffice.orgを元にした「NeoOffice」を使っていたのだが、動作速度が非常に遅いので困っていた。メモリが512MBしかないマシン(Mac mini)を使っているので、そのせいかと思っていたのだが、どうにも遅い。

            会社のマシンに自腹でメモリを突っ込むのはどうかと思ったし、Core 2 Duo搭載のMac miniが発売されるのは時間の問題なので、今、Mac miniを自腹で買うのは時期が悪すぎる。

            ということで、諦めることにしたのだが、今日Microsoftのページを見ていたら、Mac用のアップグレード版に約半額のキャッシュバックキャンペーンをやっているとのこと。Mac用のOfficeもそろそろ開発されていてもおかしくないので、今さら2004年発売のバージョンを購入するのもなあ…と思いつつ、しかしフォントの問題で外部に送信するOfficeドキュメントを編集する際にはWindowsでやっていたのを何とかしたい、というわけで、ヨドバシへ(←やたら冗長な文章だな 笑)。

            で、インストールしてみたところ、これが速い速い。全然比べものにならない。「NeoOffice」は悪くないけど、無料だという以上の利点はないのでは…と思ってしまった。いや、もちろん、利点はあるのだろうけれど、私のような使い方では利点は発揮できないようだ、ということね。
            OfficeドキュメントをMacで完全に扱えるようになったので、あとの問題はブラウザだけ。メモリ大食らいのFirefoxでも軽々動くようなメモリを積んだMac miniが手に入れば、そいつでガリガリ仕事するか。
            | コンピュータ | 20:15 | - | - | - | - |
            Windows VistaとWindows XPをデュアルブートする
            0
              環境
              CPU:Core2Duo E6600
              Mem:2GB DDR-SDRAM PC4200 1024MB*2
              HDD:320GB
              Video:nVidia GeForce7600GT 256MB(MSI)
              Mother:ASUS P5B

              手順
              1.Windows Vistaを2つインストール
              HDDに80GBずつの領域を確保し、それぞれにVistaをインストールした。Vistaのブートマネジャーで起動領域を切り換え可能。

              2.残ったHDD領域からWindows XP用領域を確保
              40GBを確保・フォーマットした。確保されていない領域は100GB程度。

              3.Windows XPのインストールCDで起動
              インストール画面途中で、インストール場所を選ぶ部分があるが、そこではCドライブが「不明」、130GBと表示される。まったく意味不明。

              4.Windows Vista上でXP用領域を削除
              領域を削除し、今度はフォーマットしないでおく。

              5.Windows XPのインストールCDで起動
              今度はインストール場所を選ぶ画面で、Vistaが入っているCとDの2つのドライブのみ表示される。確保していない領域については、表示なし。

              6.悩む
              テスト用環境を構築したCドライブはもう必要ないし、メイン環境移行先のDドライブはまだほとんどいじっていないので、消してもかまわない。となると、一番確実な方法は2つの領域とも削除してXPをインストールし、その上でVistaを必要なだけインストールする。
              ただし、これではドライブが少なくとも3つになり、(マイ)コンピュータの画面を撮ったときに、不要なものをレタッチする作業が生じる可能性がある。デュアルブートの実験はしたいのだが、単に時間を浪費しただけに終わる可能性もある。

              7.結論
              今日やるべきではない。

              情報源
              http://www.vista-mania.com/communityvista/replieslist.asp?QID=5
              http://yasu.dondokodon.com/blog/archives/2006/10/windows_vista_3.html
              http://windowsvista.ms/index.php?FAQ#j5edae7a
              | コンピュータ | 13:27 | - | - | - | - |
              Appleの年末年始の動きを予想してみるテスト
              0
                新年1/9から、サンフランシスコで「MacWorld」が開催される。ここでSteve Jobsが何を出してくるのか、毎年のことながら、ハラハラさせられる反面、とても楽しみである(ハラハラさせられるのは、Jobsが出してきたモノによって、仕事のスケジュールや内容が大きく変更されることがあるため)。

                さて、次の「MacWorld」で持ってくるものと言えば、やはり携帯電話関連だろう。GIGAZINEさんの「Appleの「iPhone」、日本ではドコモまたはソフトバンクで展開か」によれば、

                iPhoneは通信方式として、GSM/GPRS及びW-CDMA方式をサポートする予定とのこと。そして日本ではW-CDMA方式をNTTドコモとソフトバンクが採用していることから、日本でiPhoneが発売される場合、この二社から発売される可能性が高いと考えられます。


                とのこと。また、iPod関連の次の動きはと言うと、同じくGIGAZINEさんの「今年の12月にタッチスクリーン方式のiPod登場か」によれば、

                散々出る出ると言われて久しいタッチスクリーン方式のiPodですが、とある情報筋からのある程度確かな情報として、今年の12月には発表されるそうです。画素数は720×480のアスペクト比16:9、いわゆる「480p」だそうで。


                とのこと。個人的には、Leopardの方が気になるのだけど…。もちろん、機能が気になるのではなく、いつ出るかということが。
                | コンピュータ | 15:04 | - | - | - | - |
                近い将来登場するはずのデータベース
                0
                  Googleあたりが今、作っているはずのデータベースについて。どんな特徴を持つか、メモ。全体的にいい加減。しかし、ネットとOSは融合して、こちらに進むはず。松永さんの記事に触発されている。

                  1.非定型なデータを扱える
                  データを放り込む前に、データベースの設計が不要。

                  2.固定カテゴリーと自由なタグが混在
                  タグ付けしなくても、カテゴリーに分けられている部分もある。

                  3.写真もテキストもURLも同等に扱える
                  「写真はFlickr、テキストはローカル、URLはソーシャルブックマーク」というくくりをなくす。

                  4.Webとローカルをシームレスにつなぐ
                  データをローカルに保存すると、あらかじめ選択したフォーマットでWebにパブリッシュされる。閲覧者がフォーマットを選択することもできる。
                  | コンピュータ | 14:13 | - | - | - | - |
                  気になるオンラインソフト
                  0
                    「Fire File Copy」…キャッシュ容量を増やしてファイルコピーを高速化(フリー)
                    「FastStone Capture」…長いページをスクロールしながら保存する(フリー)
                    「ubicast Blogger」…面倒なブログ更新をワープロ感覚で(フリー)
                    「DataRecovery」…消えたはずのファイルが簡単操作で完全復活(フリー)
                    「強制アンインストール」…消せないお邪魔ソフトもこれ1本ですっきり削除(フリー)
                    「GOM Player」…幅広い動画形式に対応する高機能プレイヤー(フリー)
                    「Print Screen Manager」…キャプチャーから印刷までボタン一つで速攻操作(フリー)
                    「StoreTube」…投稿サイトの動画を簡単操作で即ゲット(フリー)
                    「リサイズ超簡単!Pro」…容量の大きなデジカメ画像をすっきりシェイプアップ(フリー)

                    | コンピュータ | 10:39 | - | - | - | - |
                    Windows Vistaブルースクリーン後、再起動した画面
                    0
                      フォントが変わった!

                      Vista crush

                      ちなみに、Vistaのブルースクリーンが出た経緯は、Windows Live Messengerをインストールした後、システムの復元で元に戻そうとしたらブルースクリーン。すぐに再起動して、この画面に。
                      | コンピュータ | 01:11 | - | - | - | - |